東海大学 工学部 動力機械工学科 (学士課程)
大学院 工学研究科 機械工学専攻 (修士課程)
大学院 総合理工学研究科 総合理工学専攻 機械・航空宇宙コース(博士課程)
 
高倉研究室: 流体力学―数値計算と実験― へようこそ!
 
あなたは開設以来, アクセスカウンタ 人目の訪問者です.

研究室活動状況

---2017年度---

2017/ 7/9-14 国際会議 ISSW31 (31st International Symposium on Schock Wave) にて,英語による口頭発表を行いました。
発表者:高倉; 筆頭著者:修士卒 石黒君
Motonobu Ishiguro and Yoko Takakura,
" Attenuation of Blast Wave in a Duct with Expansion Region (Effects of configuration, porous panel, and acoustic material),"
Proceedings of ISSW31 will be published by Springer

---2016年度---

2016/12 宇宙航空研究開発機構 特別資料に論文が2件掲載されました。
筆頭著者:学部卒 乾君
乾大知,高倉葉子:
凹状物体まわりの超音速流に関する振動特性.
日本航空宇宙学会 第48回流体力学講演会/第34回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム論文集,
航空宇宙技術研究所特別資料,JAXA-SP-16-007,pp.51-56,平成28年12月.

筆頭著者:学部卒 野村君(現:大学院)
野村将之,高倉葉子:
凹状物体まわりの超音速流れに対する運動座標法の検討.
日本航空宇宙学会 第48回流体力学講演会/第34回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム論文集,
航空宇宙技術研究所特別資料,JAXA-SP-16-007,pp.57-62,平成28年12月.

2016/ 10/29 東海大学総合医学研究所2016年度 第12回 研修会にて口頭発表を行いました。
高倉葉子,アーニーアフィザ:
温度と湿度を含む鼻副鼻腔流れに対する副鼻腔開口モデルの影響

2016/ 9/11-14 日本機械学会2016年度年次大会(福岡)にて口頭発表を4件行いました。
発表者:修士課程2年 新開君
新開賢司,高倉 葉子:
"管内を伝播する衝撃波の減衰について(装着くさび形状の効果)",G0500201
発表者:修士課程2年 石黒君
石黒 一暢,高倉 葉子:
"管内を伝播するブラスト波の減衰について(拡張部形状と吸音材の効果)",G0500202
発表者:修士卒 國森君
國森照明,高倉 葉子:
"自動車模型の形状とディフューザー角の変化に対する空力的効果",G0500301
発表者:修士課程2年 Saad君
鈴木 亮哉,Aljarf Saad,高倉 葉子:
"サイドジェットによる車輛の横風安定性の向上:横変位と横転の抑制",G0500303

2016/ 7 ASRJETSに,英語論文が掲載されました。
筆頭著者:博士課程3年 アーニーさん
Erny Afiza, Yoko Takakura, Masahiro Iida,
" Function of Ostia in Airflow Patterns within Nasal Cavity Model with Maxillary Sinus,"
ASRJETS (American Scientific Research Journal for Engineering, Technology and Sciences),
Vol. 21, No. 1, pp.41-60, 2016.

2016/ 7 JFCMVに,英語論文が掲載されました。
筆頭著者:修士課程2年 石黒君(連名:修士課程2年 新開君,修士卒 島村君,学部卒 軍司君)
Motonobu Ishiguro, Kenji Shinkai, Ryo Shimamura, Hironobu Gunji, and Yoko Takakura,
" Attenuation Effect of Expansion Configuration and Acoustic material on Propagation of Blast Waves in a Duct,"
JFCMV (Journal of Flow Control, Measurement & Visualization),
Vol.4, No.3, pp.79-92, 2016, doi: 10.4236/jfcmv.2016.43008.

2016/ 7/11-15 国際会議 ICCFD9 (Ninth International Conference on Computational Fluid Dynamics) にて,英語による口頭発表を2件行いました。
(帰途,空港でクーデターに遭遇しました。ホント,うそみたいな気分です。)
発表者:高倉; 筆頭著者:学部卒 乾君
Daichi Inui and Yoko Takakura,
" Highly-accurate Computation of Supersonic Flows around a Concave Body (I. Influences of perturbations)," ICCFD9-2016-311

発表者:高倉; 筆頭著者:学部卒 野村君(現:大学院)
Masayuki Nomura and Yoko Takakura,
" Highly-accurate Computation of Supersonic Flows around a Concave Body (II. Motion analysis by moving-coordinate method)," ICCFD9-2016-326

2016/ 7/6-8 日本航空宇宙学会 第48回流体力学講演会にて,口頭発表を2件行いました。
発表者:学部卒 乾君
乾大知,高倉葉子:
凹状物体まわりの超音速流に関する振動特性. 1A02

発表者:学部卒 野村君(現:大学院)
野村将之,高倉葉子:
凹状物体まわりの超音速流れに対する運動座標法の検討. 1A03

2016/ 4 JOMBに,英語論文が掲載されました。
(国際会議MIMT2015 からの Selected Paper として)
筆頭者:博士課程3年 アーニーさん
Erny afiza Alias, Yoko Takakura, Taku Atsumi, Masahiro Iida,
"Effects of Ostia Variation for Airflow Patterns within Nasal Cavity Models with Maxillary Sinus",
JOMB (Journal of Medical and Bioengineering), Vol. 5, No. 2, pp.98-102, April 2016.

---2015年度---

2015/ 11/15-18 国際会議 FLUCOME 2015 にて,英語による口頭発表を行いました。
発表者:修士課程1年 石黒君(連名:修士課程1年 新開君,修士卒 島村君,学部卒 軍司君)
Motonobu ISHIGURO, Kenji SHINKAI, Ryo SHIMAMURA, Hironobu GUNJI, and Yoko TAKAKURA
"Attenuation of Blast Wave by Expansion Region in a Duct (Effect of expansion configuration and acoustic material)"

2015/ 9 東海大学 工学部 英文紀要 (Proc. Schl. Eng. Tokai University, Ser. E)に英語論文が3編掲載されました。
筆頭者:博士課程3年 アーニーさん
Erny AFIZA, Yoko TAKAKURA, Taku ATSUMI and Masahiro IIDA,
"A Study on Ostia Variation for Airflow Patterns within Nasal Cavity Models with Maxillary Sinus",
Vol. 40, pp.89-96, September 2015.

Erny AFIZA, Yoko TAKAKURA, Taku ATSUMI and Masahiro IIDA,
"Airflow Patterns within Real and 3D Simplified Models of Nasal Cavities
(T. Experimental Study)",
Vol. 40, pp.97-108, September 2015.

Erny AFIZA, Yoko TAKAKURA, Taku ATSUMI and Masahiro IIDA,
"Airflow Patterns within Real and 3D Simplified Models of Nasal Cavities
(U. Numerical Study)",
Vol. 40, pp.109-119, September 2015.

2015/ 9/13-16 日本機械学会2015年度年次大会(札幌)にて口頭発表を4件行いました。
発表者:修士課程2年 鈴木君
鈴木 亮哉,八木 拓真,高倉 葉子
"自動車模型後部における上面傾斜とディフューザーの効果"
発表者:修士課程2年 鈴木君
中西 翔吾朗,鈴木 亮哉,高倉 葉子
"デルタ型ウィッカーと翼による自動車の空力特性の向上"
発表者:修士課程2年 國森君
三川 恭平,國森 照明,高倉 葉子
"デフレクターとスプリッターによる自動車の空気抵抗低減に関する実験的研究"
発表者:修士課程1年 石黒君(筆頭者:修士卒 島村君)
島村 遼,石黒 一暢,軍司 浩伸,芦田 亮輔,田後 嵩士,高倉 葉子
"管内拡張部を伝播するブラスト波の減衰に関する実験的研究
 (拡張部形状と吸音材の効果)"

2015/ 7/2-3 日本航空宇宙学会 第47回流体力学講演会にて,口頭発表を行いました。
筆頭者:修士卒 豊里さん
豊里理紗,高倉葉子,
"物体まわりの超音速流に関する振動特性"

---2014年度---

2015/ 3 宇宙航空研究開発機構 特別資料に論文が掲載されました。
筆頭者:修士卒 尾崎君
尾崎彰彦,豊里理紗,高倉葉子,
超音速流中における凹状物体まわりの流れの高精度数値計算, 日本航空宇宙学会 第46回流体力学講演会/第32回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム 講演論文集, 宇宙航空研究開発機構 特別資料,JAXA-SP-14-010,pp.139-144,平成27年3月.

2015/ 3/6-7 国際会議 MIMT2015 にて,英語による口頭発表を行いました。
発表者:博士課程2年 アーニーさん
Erny afiza Alias, Yoko Takakura, Taku Atsumi, Masahiro Iida,
"Effects of Ostia Variation for Airflow Patterns within Nasal Cavity Models with Maxillary Sinus"
本国際会議からの Selected Paper として,
論文集 Journal of Medical and Bioengineering に掲載される予定です。

2014/ 9 東海大学 工学部 英文紀要 (Proc. Schl. Eng. Tokai University, Ser. E)に英語論文が掲載されました。
筆頭者:修士課程2年 渡邉君
Naotaka WATANABE, Tomohiro FURUTA, and Yoko TAKAKURA,
"Characteristics of Unsteady Flows around a Circular Cylinder with Simultaneous Multipoint Measurements of Pressure",
Vol.39, pp.81-88, 2014.

2014/ 9/16 高倉研究室主催卒業研究中間発表会を行いました。
発表者:学部4年生全員

2014/ 9/7-10 日本機械学会2014年度年次大会(東京)にて,口頭発表を行いました。
発表者:修士課程1年 國森君 (筆頭者:修士卒 相澤君)
相澤翔太,國森照明,高倉葉子,
"自動車の車体形状パラメータと空力特性"

2014/ 7/6-11 国際会議 WCB2014 にて,医学部と共同で英語によるポスター発表を行いました。
発表:医学部,連名発表者:修士課程2年 高田君(連名:博士課程2年 アーニーさん,学部4年卒 神野君
Taku Atsumi, Satoshi Takada, Erny Afiza binti Alias, Masato Jinno, Yoko Takakura, Masahiro Iida,
"Evaluation of Nasal Airflow and Resistance by Numerical Modeling"

2014/ 7/3-4 日本航空宇宙学会 第46回流体力学講演会にて,口頭発表を行いました。
発表者:修士課程2年 豊里さん (筆頭者:修士卒 尾崎君)
尾崎彰彦,豊里理紗,高倉葉子,
"超音速流中における凹状物体まわりの流れの高精度数値計算"

2014/ 6/24-27 国際会議 ISFV16 にて,英語による口頭発表1件とポスター発表1件を行いました。
発表者:博士課程2年 アーニーさん (連名:修士課程2年 アミル君)
Erny afiza Alias, Amir ihsan Ariffin, Yoko Takakura, Taku Atsumi, Masahiro Iida,
"Investigation of Airflow Patterns within Real and Simplified Models of Nasal Cavities (Variation of simplified models)"
発表者:修士課程2年 松本君 (連名:修士課程2年 渡邉君)
Ryosuke MATSUMOTO, Naotaka WATANABE, and Yoko TAKAKURA,
"Flow Visualization about Road Vehicles by Use of a Five-Hole Pitot Tube"

---2013年度---

2014/ 3/28 鼻腔通気研究会 2013年度年会 を開催しました。
参加:高倉研生体グループ,医学部耳鼻咽喉科グループ

2014/ 3/5-7 平成25年度衝撃波シンポジウムにてポスター発表を行いました。
発表者:学部4年 並木君(連名:修士課程1年 島村君,学部4年卒 大木君)
並木琢磨,島村遼,大木慶一,高倉葉子,
"破膜装置の破膜特性とブラスト波発生機構"

2014/ 1/11-12 日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会にて口頭発表を2件行いました。
発表者:博士課程1年 アーニーさん
Erny AFIZA, Yoko TAKAKURA, Taku ATSUMI, Masahiro IIDA,
"On Airflow Patterns within Real and Simplified Models of Nasal Cavities (Comparison of Numerical Simulation with Experiments)"
発表者:修士課程1年 高田君
高田哲志,高倉葉子,厚見拓,飯田政弘,
鼻腔の実形状モデル内流れの非定常数値シミュレーション

2013/ 11/18-23 国際会議 FLUCOME 2013 にて,英語による口頭発表を3件行いました。
発表者:博士課程1年 アーニーさん(連名:修士課程1年 倉科君)
Erny Afiza binti ALIAS, Yuuki KURASHINA, Yoko TAKAKURA, Taku ATSUMI, Masahiro IIDA,
"Investigation of Airflow Patterns within Real and Simplified Models of Nasal Cavities"
発表者:修士課程2年 相澤君(連名:修士課程1年 松本君)
Shota AIZAWA, Ryosuke MATSUMOTO, Yoko TAKAKURA,
"Aerodynamic Characteristics and Wake Structures on Car Models Changed by Configuration Parameters"
発表者:修士課程1年 渡邉君(連名:学部4年卒 古田君)
Naotaka WATANABE, Tomohiro FURUTA, Yoko TAKAKURA,
"Unsteady Flows around a Circular Cylinder with Simultaneous Multipoint Measurements of Pressure (2)"

2013/ 11/6-8 国際会議 MJJIS 2013 にて,英語によるポスター発表を行いました。
発表者:博士課程1年 アーニーさん
Erny Afiza binti ALIAS, Yoko TAKAKURA,
"Study of Airflow Patterns within Real and Simplified Models of Nasal Cavities (Previous Knowledge and Future Plannings)"

2013/ 9/8-11 日本機械学会2013年度年次大会(岡山)にて口頭発表を行いました。
発表者:修士課程2年 相澤君(筆頭者:修士卒 新井君)
新井 祐貴,相澤 将太,高倉 葉子
"自動車の車体形状と空力特性"

---2012年度---

2013/ 3 宇宙航空研究開発機構 特別資料に論文が掲載されました。
筆頭者:修士卒 小林君
小林智紀,高倉葉子,高木通俊,
翼の空力特性に対するGurney Flap の効果 (2),
第44回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2012 論文集, 宇宙航空研究開発機構 特別資料,JAXA-SP-12-010, pp.19-24, 平成25年3月.

2013/ 2 Theoretical and Applied Mechanics に英文論文が掲載されました。
筆頭者:修士卒 小林君
Kobayashi, T., Takakura, Y., and Takagi, M.,
" Effects of Gurney Flaps for Aerodynamic Characteristics of an Airfoil,"
Theoretical and Applied Mechanics, Vol. 61, pp.113-121, February 2013.

2012/10/3-5 日本自動車技術会秋期大会2012 学術講演会にて,口頭発表を2件行いました。
発表者:高倉; 連名:修士卒 石川君,米満君
高倉葉子,石川貴大,米満竜太,高木通俊,
"5孔ピトー管による自動車模型まわりの流れの定常・非定常測定"
発表者:修士卒 山口君
山口翔,高倉葉子,高木通俊,
"エアダムを用いた自動車の空気抵抗低減に関する実験的研究(第1報)"

2012/ 7/5-6 日本航空宇宙学会 第44回流体力学講演会にて,口頭発表を行いました。
発表者:高倉; 筆頭者:修士卒 小林君
小林智紀,高倉葉子,高木通俊,
"翼の空力特性に対するGurney Flap の効果 (2)"

2012/ 6/25-28 国際会議 ISFV15 にて,英語による口頭発表を行いました。
発表者:高倉; 連名:修士卒 小林君
Takakura, Y., Kobayashi, T., and Takagi, M.,
"Visualization of Flow Fields about an Airfoil with a Gurney Flap"

---2011年度---

2012/ 3/5-7 平成23年度衝撃波シンポジウムにて口頭発表を行いました。
発表者:高倉
高倉葉子,
"矩形凹状物体に関する超音速流れのフィードバック現象について"

2012/ 3/7-9 第61回理論応用力学講演会にて口頭発表を行いました。
発表者:修士課程2年 小林君
小林智紀,高木通俊,高倉葉子,
"翼の空力特性に対するGurney Flap の効果"

2012/ 1/11-12 日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会にて口頭発表を行いました。
発表者:修士課程2年 鈴木君(連名:学部4年 宍戸君)
鈴木千尋,宍戸竜希,高倉葉子,厚見拓,竹尾輝久,飯田政弘,齊藤弘亮,
"鼻副鼻腔モデル内の流れに関する体外実験"

2011/12/1-3 第50回日本鼻科学会総会ならびに学術講演会にて共同研究成果が医学部から口頭発表されました。
発表:医学部(連名:修士課程2年 鈴木千尋)
厚見拓,竹尾輝久,齊藤弘亮,関根基樹,鈴木千尋,高倉葉子,今井裕,
"鼻腔模擬モデルの気流数値シミュレーション"
発表:医学部(連名:修士課程2年 鈴木千尋)
竹尾輝久,厚見拓,齊藤弘亮,関根基樹,鈴木千尋,高倉葉子,今井裕,
"鼻腔模擬モデルを用いた気流実験"

2011/ 9/7-9 日本流体力学会年会2011にて口頭発表を行いました。
発表者:修士課程2年 鈴木君
鈴木千尋,高倉葉子,厚見拓,竹尾輝久,飯田政弘,齊藤弘亮,
"鼻副鼻腔モデル内の流れの数値シミュレーション"

2011/ 6/5-9 国際会議 ASV11 にて英語による口頭発表を行いました。
発表者:高倉; 連名:修士卒 渡辺君
Takakura, Y., Watanabe, S., and Takagi, M.,
"Unsteady Flows around a Circular Cylinder with Simultaneous Multipoint Measurements of Pressure"

---2010年度---

2011/ 3 東海大学 工学部 紀要に論文が掲載されました。
筆頭者:修士課程1年 米満君
米満竜太,高倉葉子,高木通俊,
"リアスポイラーによるノッチバック車の空力特性の向上", 東海大学紀要工学部,Vol.50,No.2,pp.149-150,2011年3月.

2010/ 6/6-11 国際会議 46th Annual Meeting for SATA にて英語による口頭発表を3件行いました。
発表者:修士課程1年 石川君(連名:学部卒 内尾君)
Ishikawa, T., Uchio, S., Takakura, Y., and Takagi, M.,
"Improvement of Aerodynamic Characteristic with Spats, Strakes, and Deflecters"
発表者:修士課程1年 山口君
Yamaguchi, S., Takakura, Y., and Takagi, M.,
"Effects of Vehicle Bodies and Air Dam Shapes for Aerodynamic Characteristics"
発表者:修士課程1年 米満君
Yonemitsu, R., Takakura, Y., and Takagi, M.,
"Improvements of Aerodynamic Characteristics in Notchback Cars by Rear Spoilers"

---2009年度---

2010/ 3/10-11日本機械学会 関東学生会 第49回学生員卒業研究発表講演会にて口頭発表を2件行いました。
発表者:学部4年 米満君
米満竜太,高木通俊,高倉葉子,
"リアスポイラーによるノッチバック車の空力特性の向上"
発表者:学部4年 山口君
山口翔,高木通俊,高倉葉子,
"車体及びエアダム形状の空力特性に対する効果"

2009/ 9/2-4 日本流体力学会年会2009にて口頭発表を行いました。
清水伸一,高倉葉子,新井紀夫,小西善史,深作和明, 脳動脈瘤を模した分岐流の体外研究.

2009/ 6/18-19 日本航空宇宙学会 第41回流体力学講演会にて,口頭発表を行いました。
高倉葉子,平木秀龍,新井紀夫,
"超音速流中の凹型物体まわりの流れ場について"
青柳篤貴,新井紀夫,高倉葉子
一様流中で自由振動する凹状物体周りの流れ(スリットの影響)

2009/ 6/9-11 国際会議 45th Annual Meeting for SATA にて英語による口頭発表を行いました。
発表者:修士1年 渡邉君
Watanabe, S., Takagi, M., and Takakura, Y.,
"Aerodynamic Noises of Vehicle Door Mirrors"

2014年度 修士卒業式後,思い出のスロープを背に:
“知”と汗と徹夜と寒さも,仲間とならば何のその

ボストンでの国際会議発表
(生体グループ)
沖縄での国際会議発表
(車輛・風洞グループ)
衝撃波管に向かって
(衝撃波グループ)
医工連携,理工連携,国際連携,
男女共同参画,…